経営者に学ぶ

坂正範(まさ)坂めぐみ(めぐ)です♪ 様々な経営者の理念や価値観をまとめていきます!

孫正義

ソフトバンクグループの創業者、孫正義(そん まさよし)

 

佐賀出身、カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。

大学在学中にゲーム輸入事業を行う。

 

大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立し、「日本ソフトバンク」も設立し、ソフトウェア卸業で成功を収める。

その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出する。

 

日本有数の資産家として世界長者番付に名を連ねている。

 

最も重要なのは
1番目が志と理念
2番目がビジョン
3番目が戦略です。

 

努力しても報われないなあと感じ嘆くとき、たいていの場合は、まだ本当の努力をしていない。

 

失敗は怖くない。年老いて失敗を恐れる己が怖い。

 

弱音は吐くものではない。呑み込むものである。

 

自分一人のものが夢。みんなで共有できる夢が志だ。

 

登りたい山を決める。
これで人生の半分がきまる。

 

挑戦する者にのみ未来は拓かれる。

 

成すべき事の為に今日がある。努力を惜しんではならない。

 

危機をなんとしても乗り越えるという情念が進化を促進させる。

 

世の中が悪いと嘆くだけでは何も変わらない。

 

事業は30年しか続かないが組織は300年続く。

  

坂道は、いかに苦しくても登っている時が一番楽しい。

 

一日に夜が在り朝が在る様に人生にもそれが在る。

 

事を起こすのが起業家、事を成すのが事業家、事を治めるのが経営者。

 

一度しかないこの人生で自分の夢を追いかけないでいつ追いかけるのだろう。

 

若いうちの苦労は買ってでもしろといいますが、無理難題を体験すればするほど底力がついてくる。

 

難題に遭遇しない人は、自分の可能性に挑戦していないのかもしれない。

 

やはり執念ですね。なにがなんでもと大きくしたいという強い執念が大切だと思います。

 

泥沼にも清らかな花を咲かす事は出来る。

 

裏技に頼ると大きくなれない。結局、正面突破していかないと本当に実力がつきません。

 

悩むのは夢や希望が在るからだ。乗り越えた先に素晴らしき未来が在る。

  

言い訳は解決への執念を鈍らせる。

 

失敗を恐れる必要はありません。厳しい環境でしか学べないことはあまりに多い。

 

リーダーは単にアイデアが浮かぶだけではいけません。実行が伴い、人が付いてきて初めてリーダーシップが発揮されます。

 

夢が未達でも落ち込む必要はない。追い求め続けている間は達成に近づいている。

 

どんなに貧しい家庭に育っても、国籍が違っても、一生懸命努力すれば前進すると私は信じている。挑戦する人にはすべてのチャンスがある。

 

事業は大技、中技、小技から形成されている。経営者は大技だけ常に考えろ。

 

革命の途中は、大抵ボロボロになるものである。

 

セスナ機ではどう逆立ちしても太平洋は渡れない。私はジャンボ機で太平洋を渡り、将来は宇宙に飛び立ち、シャトル経営をめざしたい。

 

全ての試練は、成長の為の階段だ。
登り続けるしかない。

 

会社に新しい血を注ぐことで、チャンスや可能性が広がる。

 

小さく固まるより大きく飛躍するか。 どうせ一回しかない人生だし。

 

脳みそが千切れるほど考え、全力投球したときには不可能なことは非常に少ない。

他の人間にできることならば、同じ人間である僕にできないはずはない。僕はそう思うんです。

他の人間ができるのに、同じ人間の一人である僕にはできないとか、できないと思わなければいけないとか、そう思うことのほうが不自然じゃないですか。

絶対におかしい。

 

義と利は多くの場合両立出来る。

義と利が対立した時は義を取り、義と義が対立した時は大義を取る。

 

僕は21世紀とは、物質的豊かさ以上に知的豊かさを求める時代だと思っています。

それによって人々はより幸せになれると信じています。

 

色々なことを言われるのは、意識していただいているということ。

 

日本の閉塞感というのは、これもダメあれもダメと愚痴を言う人は多いけれど、行動で示す人が少ないところからきていると思います。

行動で示すのが我々事業家の一番の役割だと思うんです。

  

まだまだだ。
まだまだ全く満足出来ない。
自分の未熟さが目に付いて仕方ない。
満足してしまったら、そこで成長が止まる気がする。

 

数字の裏付けのない資料の価値は、ゼロに等しい。

 

僕は弱い男です。

退路を断たないと、困難に立ち向かえん。

 

今日の現実を理由に明日の改革をためらってはならない。

 

目標が低すぎないか?
平凡な人生に満足していないか?

 

真似するだけでは絶対に超える事は出来ない。

 

革命期には、命を投げ出してでも新しいパラダイムを切り拓いていかなければ、先頭を切るのは難しい。

 

 

説得するのが一番難しい相手は、嘘のつけない自分自身である。